fbpx

静岡で最高の柿作りに挑戦している農家、サカヤ農園のブログです。柿の魅力や、日々の柿作りのこだわりを発信します。

090-5868-5257

お問合せ受付: 9:00~20:00

柿の木に針金を巻きつけている理由、何だと思いますか?

      2018/06/26

サカヤ農園で見かける謎の針金の正体は……?

その針金は何の目印??

来園された方や通りかかった方によく聞かれます

このように、当園の柿の木には赤い針金のようなものがつけられています
img_0906

その数は大きな木一本につき2か所づつ

その正体は害虫対策のフェロモン剤

実はこれ、何かの目印ではなく、フェロモン剤と呼ばれるものなんです

仕組みはこのようになっています

害虫のメスはフェロモンを出し、オスはそれを頼りにメスを探します
しかし、フェロモン剤からフェロモンと同じ成分が出て、オスを迷わせます
その結果、オスはメスを探し出せなくなります

名付けて、「木を隠すなら森作戦」

 

人間や環境に優しい、すばらしい道具

フェロモン剤は人間や環境には無害と言われているので、安全です

また、自然界にいる虫の中で作物に悪さをする害虫は一部で、その他に害虫の天敵虫、
それから、そのどちらでもないただの虫がいます

農薬によって害虫を退治すると、同時に害虫の天敵を殺してしまう心配があります
フェロモン剤は特定の害虫の活動を抑えるだけなので、害虫の天敵虫に影響はありません

園内を天敵虫の多い環境に保つことによって、害虫の発生を抑えることができます
その結果農薬の使用を少なくすることができるんです

フェロモン剤は少し高価な資材です
サカヤ農園はもともと農薬代が少ない方なんですが、一年間の農薬代のうちの三割が
フェロモン剤の費用になっています

それでも、当園にとっては大事なものなので、これからも使用していきたいと考えています

天野柿通販ページへ